電子情報機器のダウンサイジング化に専用工具で協力します

ミニシリーズラインアップ

21世紀に展開されるハイテク社会で情報電子機器、小型医療機器等の軽薄短小化は大きなユーザーニーズとなっています。

★ヘクスウェーブビットのミニシリーズ新製品群はマイクロサイズ精密ネジM1〜M2の採用を容易にし、開発の自在性を支援します。
★精密加工技術を駆使したT1〜T5ビットの微細精度はトルク伝達効率抜群で、ダウンサイジング製品ネジ締結の安定性と確実性をお約束できるビットです。
★コンピュータ関連、HDD、VTRで開発採用され品質も実証されています。
★ネジ締めロボット、自動機、多軸ネジ締め機用専用ビットの特殊品製作も受注できます。


ヘクスウェーブビットの特性について

構造物の組立には、ネジによる締結が多く、ネジと締め付け工具の組み合わせは絶えず工夫されてきましたが、従来のプラスビット等の締め付け方式では解決の難しい問題点があって、せっかく工夫されたネジや締め付け工具に関わらず、締め付けに伴うトータルコストの削減を難しくしていました。ヘクスウェーブビットは様々な問題を解決し信頼性の高い締結を可能にする特性を持っています。

☆ヘクスウェーブビットのメリット

    @トルクの伝達効率が高い

  六角形状のビットの場合、ビットとネジは、ビットの60°角部とネジ穴側面部との線接触でトルク伝達がされ、応力が集中するビット角部とネジの六角穴部の側面部に摩耗や割れなどの発生する可能性があるが、ヘクスウェーブビットの場合、ビットとネジのR形状同士で面接触によりトルクを伝達するため、伝達効率が著しく高くなります。

    Aカムアウトが解消される

  十字穴付ネジを締め付ける場合、上方への分力が生じ、ビットがカムアウト(抜け出る)してトルクが十分伝わらないので作業者は抜けでないように上からの推力加えて作業しなければならず、トルク伝達の不確実と製品によっては基盤が折れてしまって、それまでの作業がまるで無駄になってしまう事も起こりえます。ヘクスウェーブビットは、全くカムアウトしないので、トルク伝達も十分で作業者の余分な疲労を防ぎ、作業ミスによる製品ロスも最小限に押さえられます。

    Bその他のメリット

 応力集中やカムアウトによる変形、摩耗、破損が少なく工具として寿命が長く、また、組み立てられる製品の品質向上にも貢献できます。また、ハードディスクなどネジをはずしてはいけない製品のための、いたずら防止機能を付加したネジ用のダンパープルーフ(いじり止め付)ビットのラインアップもありますのでご指示下さい。

ヘクスウェーブビットの対応ネジサイズ

ドライブ
サイズ
ダンパープルーフ
  
穴付設定の有無
有り→○
無し→×

 

(参考値)

ミニ小ネジ

タッピン小ネジ

穴付ボルト

穴付止めネジ

(精密機器用)

(ナベ・皿・丸)

(キャップスクリュー)

(セットスクリュー)

1種・2種

T1 ×

0.8o

M 1

 

 

 

T2 ×

0.9o

M1.2

 

 

T3 ×

1.1o

M1.4

 

 

T4 ×

1.3o

M1.7(M1.6)

 

 

T5 ×

1.4o

M 2

M2.6(M2.5)

T6 ×

1.7o

M 2

 

M 3(M3.5)

T7

2.0o

 

T8

2.3o

M2.6(M2.5) #1UNF

M2.6(M2.5)

M 4(M4.5)

T9

2.5o

T10

2.7o

M 3(M3.5) #3UNF

M 3

M 5

T15

3.3o

M3.5

 
T20

3.8o

M  4(M4.5) # 5UNF

 

M 6

T25

4.4o

M 5     # 6UNF

M 4(M4.5)

T27

5.0o

(M6ボタン)   # 8UNF

M 5

M 8

T30

5.5o

M 6     #10UNF

M 6

 

T40

6.6o

M 8     #12UNF

(M 8)

M 10

T45

7.8o

(M 10)

M 8

M 12

T50

8.8o

M 10(M 12)

M 10

M 14

E型ドライブ



(参考値)

 ボルト小ネジ

ナット
E4 3.8o M  3
E5 4.7o M  4

E6 5.7o M  5 M  3
E8 7.5o M  6

M  4

E10 9.4o M  8 M  5
E12 11.1o

M 10

M  6


ヘクスウェーブビットカタログ入手ご希望の方はこちらをクリックしてください。
(AdobeAcrobatReaderファイル)←56KB
Acrobat Readerをインストールされていない方はこちらからご入手ください。

 
製品についてへ戻る    HOMEへ戻る

会社概要 業務案内 製品について 新製品情報 お問合せ ビットのお話 カタログ請求 編集後記