近江精機は、品質保証管理国際規格であるISO規格の認証を、2004.10.12取得しました。

近江精機にとってISO9001取得はネジ締結システムに於けるドライバービットの信頼性を追及
している証をお客様にお応えする事と考えております。認証取得はあくまでスタートであり、
決して終点では無い事を心に誓い、これからも品質向上とお客様のニーズに有った便利で
使いやすい工具を生産し続けられるよう、ISO9001の運用を継続して行くつもりです。

これからも近江精機は「かゆいところに手が届く」「お客様の困ったの声を大切にする」
企業でありつづけます。

    


ネジ締結システムに於けるドライバービットの信頼性とは・・・

 ねじは物の締結、組立に広範囲で利用され、もっとも一般的な締結手段として用いられています。
ただ締まっていれば良いネジもあれば、一歩間違えれば重大事故に直結したり製品事態の性能、機能に影響を及ぼす
重要な締結部品として使われているネジもあります。

 航空機、自動車を始めネジ1本、人命に関わる製品の締結現場ではドライバービットの品質評価を耐久性と同時に機能
即ち設定トルクを如何に正確にネジに伝達できるかが問われてきました。

 しかし、多くはネジは強く締まっていれば良いという一般常識の中でネジを回す工具として使われ、欠けなければ良い
品質と評価されている現場が非常に多いのです。

 特に十字穴付ネジ、プラスリセスは形状上カムアウト現象が避けられない条件の下で締結の確実性、ビットの伝達機能
の低下を如何に押さえるか、更に耐久性の工場を追求する等々締結システムの中での重要部品として常に認識を
持って製造してきました。

 我社では電動、エアー、ネジ締め自動機メーカーに純正品として採用される事で機器メーカーのネジ締め機器の有効可動
時間の延長にも配慮すると同時に一部ネジメーカーとも積極的にリセス精度の重要性、改善提案を行う等、品質向上研鑚
を重ねております。

 PL法の施行でネジ締結の重要性が再認識され、全ての製品に製造物責任を問われる事になった現在、更には地球環境
維持の観点から製品リサイクルシステムで捉え広く産業界に貢献できる事を使命として燃えています。

私たちは以上のような理念で製品開発をし、製造しています。

 

会社概要 業務案内 製品について 新製品情報 お問合せ カタログ請求